セミリタイア

3000万円でセミリタイアを達成することは可能か。

どうも〜! サザエさん症候群が中々完治しないケインです。

 

皆さん、セミリタイアしたいですか?

 

私は、控えめに言って毎日セミリタイアしたい思っています。仕事行きたくねぇー!

 

ただ、セミリタイアに必要な金額は人によって異なりますが、最低でも5000万円くらい必要と言われていますよね。。

 

正直、「そんなに貯金できないよ!」って方が大半だと思うので、3000万くらいで出来ないか計算してみました!

 

🔽2000万円のシミュレーションはこちら🔽

2000万円でセミリタイアを達成することは可能か。

続きを見る

 

結論として、「全然贅沢はできないけど、一応可能」です。理由は下記に後述いたします。

【条件整理】〜3000万円でセミリタイア〜

まず、セミリタイアの定義を確認していきますが、実際に定義は存在せず、人によって若干解釈が異なる部分がありますが、ここでは・・

セミリタイアの定義

「会社を定年までに辞めて、資産運用や軽度な仕事(バイト等)をして、収入を得ながら、時間と心にゆとりを持って生活すること」

と定義とします。

 

ケイン
また、条件を整理する必要があるので、セミリタイアを目指す対象と月の必要金額を設定していきます。

条件

  • 単身者(独身)
  • 必要な金額は生活保護制度で貰える受給金額を採用

 

対象者は単身者(独身)とする

夫婦や子供がいる場合は、共働きなのか子供が複数いる場合が考えられ、パターンが多くなってしまうので、今回の対象者は単身者(独身)とします。

 

必要な金額は生活保護制度で貰える受給金額を採用

必要な金額は人によって異なるので、統一性を図るために、日本国憲法で定められている生活保護制度の金額を採用します。

生活保護制度

全ての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

引用元:日本国憲法-衆議院

 

ケイン
また、生活保護は住んでいる地域や年齢で金額が少し変わるため、私の居住地と年齢を採用します。

 

算出金額

計算式→最低生活費=生活扶助(第1類+第2類)+住宅扶助  ※逓減率1.0

条件:神奈川在住、30歳、単身

生活扶助(第1類)=47,420×1.0(逓減率)=47,420円

生活扶助(第2類)=28,890円

住宅扶助=53,700円

 

計算より、最低生活費は、生活扶助と住宅扶助を合わせて、130,010円となりました。

 

端数は切り捨て今回の必要最低金額は13万円とします。

 

 

【資産運用】〜3000万円でセミリタイア〜

ここでは、元手となる3000万円を全て資産運用したと仮定します。

 

毎月の生活費を得るためには、インデックスファンドではなくアクティブファンドで運用する必要があるので、高配当株(ETF)で配当金を取得していきます。

 

🔽高配当株(ETF)が分からない方は下記の記事へ🔽

高配当株で配当金生活を目指そう

続きを見る

 

運用利回りは3〜5%が通常なので、平均を取って4%とします。

 

計算式

3000万円×4%=120万円/年

120万円÷12ヶ月=10万円/月

 

よって、月10万円の配当金を得ることができます。

 

ただ、必要としている13万円には届きません。

 

必要金額不足分

13万円ー10万円=3万円不足

 

この3万円は軽度な仕事(バイト)で稼ぎ出す必要があります。

 

 

【仕事の選定】〜3000万円でセミリタイア〜

ここでは、不足分の3万円を補う必要があるので、仕事の選定をします。

 

ただ、正社員ではセミリタイアにならないので、軽度な仕事(バイト)から選択する必要があります。

 

なお、即金性収益性難易度契約の自由度が高い仕事が適していると考えられるため、総合的に判断し、ここではUber Eats(ウーバーイーツ)を選定します。

 

Uber Eatsの概要

会社名 UBER JAPAN
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1ー1ー9 岩徳ビル5階
設立年月 2012年1月
代表取締役 キア・デヴォン・ガムス
サービス ・配車サービス

・Uber Eats

・貨物輸送

・ビジネス用 Uberなど

公式HP https://www.ubereats.com/jp

 

また、Uber Eatsは時給性ではありませんが、時給換算するとおおよそ¥1,500ーほどになるそうです。 参考文献:noshift

 

これらを踏まえて計算していくと・・

 

計算式

時給が1,500円なので、

3万円÷0.15万円/時間=20時間

20時間÷4週間=5時間/週

 

つまり、1週間の内、約5時間の労働で月3万円は達成できます。

 

こうしてみると結構余裕で稼げそうですね。

 

【結論+補足】〜3000万円でセミリタイア〜

結論は以下のとおりです。

結論

  • 3000万円あれば、週1日の軽微な労働でセミリタイアをすることは可能。

結論

月の計算式:10万円(配当所得)+3万円(Uber eats)=13万円(必要最低生活資金)

3000万円あれば、週1日の軽微な労働でセミリタイアをすることは可能。

 

皆さん、3000万円あれば、一応セミリタイアが可能なことがわかりました。

 

ただ、不安要素もあります。

不安要素

・生活資金がギリギリなので、貯金ができない。

・高齢になると労働が厳しい。

 

この不安要素を払拭するため、以下の補足事項を記載します。

補足

  • ストック型の副業で収入を得る。

🔽ストック型収入の説明🔽

オススメの副業4選とストック型収入の重要性について【不労所得】

続きを見る

 

ケイン
簡単に言うと、ブログやYoutubeといったストック型の副業を行うことにより、記事や動画が資産となり、働かなくてもお金が入る仕組みを構築すると言うことです。

 

これが出来れば、余剰金が生まれ、生活の質も上がり、資産運用資金も拡大することができます。

 

 

セミリタイアを目指し、自由を手に入れよう

ここまで、3000万円でのセミリタイアについて書きましたが、何となくイメージはできましたか?

 

贅沢は出来ませんが、セミリタイア は可能という結論になりました。

 

また、週1日のバイト想定なので、週3日くらいに増やせば、もう少し余裕のある生活が出来そうですね。

 

考え方や工夫次第では早い段階でのセミリタイアも見えてきますので、まずは必要資金を貯めるところから目指していきましょう!

  • この記事を書いた人

kein-blog

元公務員の30歳で現在は普通の会社員 ▶︎ 今の働き方に疑問を持ち、スキル0からセミリタイアを目指す。 ▶︎ 現在は投資、ブログに注力中。▶︎ 資産5000万or月30万の不労所得が目標。

-セミリタイア

© 2021 ケインの日常 Powered by AFFINGER5