投資信託

そもそも投資信託ってなんだろう? 特徴や種類を解説

どうも〜! 部屋にGが出て見失い、ブログの執筆に全く集中できてないケインです。

 

皆さん、投資信託って言葉は知ってますよね。

 

多分、言葉は知ってるけど、「じゃあ、説明して!」と言われるとちょっと難しいですよね。

 

私も最近になって、ようやく理解し始めました。

 

両親が投資を全くやっていなかったので、母親に投資信託を勧めようとしたら、「そんなことより、結婚相手は見つかったの?あんたもう30歳でしょ?」としつこく尋問されました。(触れられたくない内容のため、早々に投資の話を切り上げ、即退散。)

 

話はそれましたが、投資信託の大枠の概要はそこまで難しくないので、特徴や種類も含めて下記に後述いたします。

そもそも投資信託ってなに?

 

ポイント

投資信託は基金・ファンドのことで、「投資家から集めた資金を元手に証券会社が株式や債権に投資・運用する仕組み」のことです。

 

ちょっと分かりにくいと思うので、図解で説明します。

出典:一般社団法人投資信託協会作成

複数の投資家が証券会社の金融商品を購入し、その投資した資金を専門家が運用し、運用益を投資家にバックするという流れになります。

 

一般的な株式投資とは異なり、たくさんの投資家の資金を元手に運用しているので、小額からでも投資ができるのが大きな魅力ですね。

 

 

投資信託の3つの特徴

投資信託の3つの特徴

  • 小額から始められる
  • 運用は投資の専門家に任せられる
  • 分散投資でリスクが軽減できる

 

小額から始められる

前述したとおり、まとまったお金がなくても、月々100円から投資デビューも可能です。

 

投入資金が少ないと、それだけリターンも小さいですが、投資に慣れるという点では良いかもしれませんね。

 

運用は投資の専門家に任せられる

運用会社にいる「ファンドマネージャー」と呼ばれる専門家がいて、その人達が私達の代わりに資産を運用してくれます。

 

分散投資でリスクが軽減できる

詳細は後述いたしますが、投資信託の商品はパッケージになっており、一つの商品の中にたくさんの銘柄が入っています。

 

銘柄が多いほど、分散が効き、リスクが軽減できる可能性が高まります。

 

 

投資信託と株式投資(個別株)との違い

投資信託の商品と株式投資(個別株)の大まかな違いを下記の表に記載しました。

 

投資信託と株式投資(個別株)の比較表

投資信託 株式投資(個別株)
投資対象数 プロが複数選んだ商品 (パッケージ) 自分で1つずつ選んだもの
投資金額 小額から自由に選択可能(100円からでもOK!) 数万から数十万かかる

 

投資対象数

投資信託の場合は、選んだ商品がパッケージになっており、一つの商品を買うと複数の銘柄を購入できます。

例えるなら、お弁当が商品でその中のおかずが銘柄というイメージです。 その点、株式投資(個別株)は一銘柄ずつしか買えません。例:ソフトバンクの株を100株とか。。

 

投資信託で実際の商品について説明します。下記に私も所有しているeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)という商品の詳細図を入れてました。

 

この商品は8つの銘柄を基に構成されており、国内に限らず、先進国や新興国、債権も含まれています。

 

複数の銘柄があると、例えばTOPIXマザーファンドが暴落したとしても、残りの7つの銘柄でカバーでき、「分散が効く」とはこういった意味合いになります。

 

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

資産金額

投資信託は基本1株から購入できるので、小額投資が可能です。

株式投資(個別株)の場合は基本100株からの購入しかできないので、どうしても数万から数十万の費用がかかります。

投資未経験・初心者の方は最初のうちは、個別株の投資は避け、投資信託で資産を運用しましょう。

 

 

投資信託の種類

投資信託の種類

  • 株式
  • 債権
  • 不動産(REIT)
  • コモディティ
  • 預金

 

株式

投資信託の中で、一番ポピュラーなもので、主に国内株式と海外株式があります。

 

そもそも株式とは、株式会社の権利を示したもので、投資家が企業に出資することにより、会社の利益に応じたリターンを貰えます。

 

債権

国が企業や投資家から資金を調達するための「借用証明」みたいなもので、国は期間を決めて借金をしている状態を指します。

 

国内債権は、為替変動の影響が少ないことからリスク分散のため、株式と併用して投資されることが多いです。

 

不動産(REIT)

実は投資信託の中で不動産の一部をを購入することができる仕組みがあり、それがREITにです。

 

通常の不動産投資では、百万、一千万単位の資金が必要ですが、REITは投資信託なので、小額の資金で不動産の一部に投資をすることができます。

 

コモディティ

金、原油、穀物などの日常生活に必要な資源や商品のことを指します。コモディティはインフレに強いのが特徴です。

 

預金

意識していない方も多いと思いますが、実は預金も資産運用の一部です。

 

ただ、現在の普通預金金利は0.001%程度です。100万円預けても、返ってくるお金はたったの10円です。中田敦彦さんも言っていましたが、普通預金はジャイアンより酷いです。

 

 

投資信託に小額からチャレンジしよう

投資信託について、簡単に説明しましたが、内容が分かっても、いざ踏み出そうとすると怖いですよね。。

 

私も投資信託の勉強を始めてから、実際に投資するまで、少し時間がかかりました。

 

ただ、前述したように、小額からでも始められるので、月々1000円程度の積立でも全然いいと思います。

 

慣れてきたら、少しずつ金額を増やしていけばいいと思うので!

【無料】証券口座の開設はこちらから

 

オススメの投資信託を知りたい方は下記へ!

 

emaxis slimがおすすめ。投資信託はこの4選で決まり!

続きを見る

  • この記事を書いた人

kein-blog

元公務員の30歳で現在は普通の会社員 ▶︎ 今の働き方に疑問を持ち、スキル0からセミリタイアを目指す。 ▶︎ 現在は投資、ブログに注力中。▶︎ 資産5000万or月30万の不労所得が目標。

-投資信託

© 2021 ケインの日常 Powered by AFFINGER5