セミリタイア

アメリカで流行しているFIREとは? 投資を始めよう【セミリタイア】

どうも〜! 雨続きで少し憂鬱なケインです。

 

皆さん、FIREって知っていますか?

 

恐らく大半の方が頭でイメージしているのは違うFIREです。笑

 

日本で言うとセミリタイアと同義でアメリカを中心に流行している価値観です。

 

この記事では、FIREの価値観や仕組みを説明します。

 

結論として、FIREは今後の新しい常識になるかも。理由は下記に後述いたします。

そもそもFIREってなに?

 

ケイン
FIREとはFinancial Independence, Retire Early」の頭文字を取った造語であり、経済的独立や早期退職の総称です。

 

2010年代からアメリカを中心に流行している新しい価値観であり、20代から30代で多く実践されています。

 

日本でも最近この話題が注目され始めていますが、まだそこまで認知はされていないように思います。

 

セミリタイアやアーリーリタイアの方が有名ですが、中身はほとんど同じです。

 

FIREは、ある程度貯蓄した資産を投資、資産運用をし、その運用益で生活をするスタイルであり、貯蓄を切り崩して生活する昔の考えとは異なります。

 

アメリカや他の先進国は、日本に比べて圧倒的に国民のマネーリテラシーが高く、この考え方が普及するのも頷けますね。

 

一方、日本は資産運用に対する意識が低く、最初の会社に入社してから定年まで勤め上げるという価値観が一般的であるためFIREムーブメントが起こるのは、まだまだ先のことのように思います。

 

困っている人
定年まで働くなんて絶対無理、、

 

 

FIREムーブメントが若い世代に支持される理由

日本では昔から良い大学を出て、良い会社に就職して定年まで勤め上げて、年金で生活する

 

このような価値観が常識とされ、40代以上の世代では、今もなお根強く残っています。(個人的にはこの価値観は好きじゃないな〜)

 

しかし、20代と30代では状況が異なり、まだ少数ではありますが、嫌なことをせず、好きなことだけをすることに重きを置いており、会社や時間に縛られず、経済的・精神的に豊に生きていくことが最重要と考えてる方が比較的多いです。(私もその内の一人)

 

そしてその考え方を体現した物がFIREです。

 

また、SNSの発達でFIREの情報やFIREを実行するための方法を手軽に得ることができるのが、このFIREムーブメントが若い世代に認知されてきた要因に私は思います。

 

困っている人
今の会社は精神的にも肉体的にもキツすぎる、、

だから、FIREして自由に生きたい!

 

 

FIREの4%ルールとは

このルールは、年間の支出の25倍の資産があれば、その資産を4%で運用し、生活していくという物です。

 

 

それってどういうこと?
困っている人

 

具体例

年間の支出が300万円の場合

300万円÷4%=7500万円

支出を25倍しても同じ金額になります。

300万円✖️25=7500万円

 

この場合は、7500万円貯めて4%で資産運用を続けていけば、年間300万円で生活できることになり、FIREを達成することができます。

 

当然、年間支出が少なければ少ないほど、必要な資金は少なくなります。

 

投資の必要性については下記の記事へ

投資信託を長期で始めた方が良い2つの理由 

続きを見る

 

まとめ お金の価値観について改めて考えよう

ここまでFIREについて説明しましたが、こんな生活に憧れる人も少なくないのではないでしょうか。

 

ある程度の資産が必要であったり、会社を辞めることに抵抗がある方も多いと思いますが、今の会社員生活に不満や不安を抱えている人は積極的にチャレンジしていきましょう。

 

きっと古い常識やプライドを捨てれば、自由に近くはずです。

 

私も豊かな生活を手に入れていくために日々積み上げていきます!

【無料】証券口座の開設はこちらから

 

あと、今話題FIREに関する良書のリンクを下記に貼っておきますね!

🔽FIRE 最強の早期リタイア🔽

  • この記事を書いた人

kein-blog

元公務員の30歳で現在は普通の会社員 ▶︎ 今の働き方に疑問を持ち、スキル0からセミリタイアを目指す。 ▶︎ 現在は投資、ブログに注力中。▶︎ 資産5000万or月30万の不労所得が目標。

-セミリタイア

© 2021 ケインの日常 Powered by AFFINGER5