高配当株

VYMとは? ETFを購入して配当を得よう。

どうも〜! 年末に女性に振られて落ち込んでいるケインです。

 

皆さん、VYMって知ってます? これは、高配当ETFの一つで私も所有しています。

 

高配当ETFは知っているけど、何を買っていいか分からないって方も多いと思います。

 

この記事が見ていただければ、高配当ETFであるVYMの魅力が分かると同時に不労所得を得ることができます。

 

結論として、「安定的に多くの配当を得たい方はVYMを所有しようです。理由は下記に後述いたします。

そもそも高配当ETFとは何か

高配当ETFとは、「Exchange  Traded  Funds」の略称で、上場投資信託と言われており、「指数連動型の投資信託」のことです。

 

一般的な投資信託との違いは大きなところで、上場しているか(ETF)していないか(一般的な投資信託)の違いがあります。

 

🔽高配当ETFの説明記事は下記に🔽

高配当株で配当金生活を目指そう

続きを見る

 

 

 

VYMとは【高配当株】

VYMとは、バンガード・ハイディビデント・イールドETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)の略称であり、平均以上の配当を出す普通株で構成されるFTSEハイディビデント・イールド指数(同指数)に連動したETFです。

 

同指数は、395銘柄で構成され、HDVSPYDと比較してもかなり分散が効いており、投資家に対して安定的に配当を供給しています。

 

🔽HDVの説明記事は下記に🔽

高配当株はHDVを購入して配当金を得よう。SPYDとの相性も抜群。

続きを見る

 

🔽SPYDの説明記事は下記に🔽

高配当株はSPYDを購入して月3万円の配当金を得よう【ETF】

続きを見る

 

 

VYMの概要

銘柄 VYM
運用会社 バンガード社
ベンチマーク FTSEハイディビデンド・イールド指数
構成銘柄 約395銘柄
コアセクター ヘルスケア、金融、消費財
純資産 270億ドル
リバランス 年1回
配当時期 3月、6月、9月、12月
経費率 0.06%

 

VYMの株価の推移

 

Bloomberg マーケット情報より

 

直近の配当利回りは3.57%となっており、配当の減配はほとんどありません。株価もコロナの影響を受けているものの、上昇傾向にあり、安定感が抜群です。

 

VYM、HDV、SPYDの配当利回り比較

 

上の図は代表的なETFの分配利回りを比較したものになります。

 

配当金の分配利回りは大きい方からSPYD、HDV、VYMとなっており、利回りはVYMが一番低い水準となっています。

 

コロナによる分配金の下落率に関してはVYMが一番低い水準となっており、抜群の安定感が光る結果となっています。

 

これは、HDVやSPYDと比較して分散が効いており、395銘柄の構成となっているのが、功を奏している要因と言えそうです。

 

 

ケインの所有しているVYM

私も最近VYMを10万円分購入してます。(少ないですが、、)

 

SPYD、HDVをそれぞれ30万円分購入しているので、全て合わせると70万円分所有しています。

 

年間の配当金に換算すると約28,000円の配当金が得られています

 

月換算で言えば、2,300円程度ですが、スマホ代や電気代が賄えるくらいにはなります。

 

 

 

VYMのメリット

VYMの4つのメリットを下記に記載します。

 

 

VYMの4つのメリット

  • 安定した値動き
  • 安定した増配
  • 投資コストが安い
  • 分散が効いている

 

安定した値動き

コロナの影響で株価は下落したものの、2020年12月現在時点で暴落前の株価に戻りつつあります。つまり、今後にコロナやリーマンショック級の非常事態が起きてもある程度時間が経てば、株価の復帰が期待でき、とても安定して力強いETFと言えます。

 

安定した増配

2020年12月現在の配当利回りは3.17%となっており、SPYDやHDVと比較すると少し物足りないところですが、景気にあまり左右されず、他のETFより安定して分配金を享受できます。

 

投資コストが安い

VYMの経費率は0.06%となっており、SPYDやHDVと比較しても一番低い運用コストとなっています。値動きや分配金も含めて、安定して運用することができます。

 

分散が効いている

VYMのセクター構成は金融、ヘルスケア、消費財は半分を占めています。ただ、比較的全てのセクターが満遍なく含まれており、395銘柄に分散されているので、かなり安定して運用できることが期待できます。

 

 

 

まずは小額から投資して不労所得を得よう

今回は、高配当ETFであるVYMについて記事を書きましたが、配当金がかなり安定しており、是非所有したいETFと言えます。

 

ただ、配当比率はSPYDやHDVに比べると少し低いので、3つのETFをバランスよく購入すると、安定的かつ高配当が期待できるポートフォリオを組めると思います。

 

最初は小額からでもいいので、皆さんもVYMを購入して配当を得ましょう!

 

【無料】証券口座の開設はこちらから

  • この記事を書いた人

kein-blog

元公務員の30歳で現在は普通の会社員 ▶︎ 今の働き方に疑問を持ち、スキル0からセミリタイアを目指す。 ▶︎ 現在は投資、ブログに注力中。▶︎ 資産5000万or月30万の不労所得が目標。

-高配当株

© 2021 ケインの日常 Powered by AFFINGER5