高配当株

高配当株はSPYDを購入して月3万円の配当金を得よう【ETF】

どうも〜! 午後ティーばっかり飲んでるケインです。

 

皆さん、SPYDって知ってます? これは、高配当ETFの一つで私も所有しています。

 

高配当ETFは知っているけど、何を買っていいか分からないって方も多いと思います。

 

この記事が見ていただければ、高配当ETFであるSPYDの魅力が分かると同時に不労所得を得ることができます。

 

あわよくば、月3万円のプチ不労所得も得ましょう。

 

結論として、「減配してもSPYDはまだまだオススメです。理由は下記に後述いたします。

そもそも高配当ETFとは何か

高配当ETFとは、「Exchange  Traded  Funds」の略称で、上場投資信託と言われており、「指数連動型の投資信託」のことです。

 

一般的な投資信託との違いは大きなところで、上場しているか(ETF)していないか(一般的な投資信託)の違いがあります。

 

🔽高配当ETFの説明記事は下記に🔽

高配当株で配当金生活を目指そう

続きを見る

 

 

 

SPYDとは

SPYDとは、SPDR Portfolio S&P 500 High Dividen ETFの略称であり、米国指数であるS&P500指数銘柄構成のうち、高配当利回り上位の80銘柄に投資をする上場投資信託です。

 

下記にSPYDの概要を記載します。

 

SPYDの概要

銘柄 SPYD
運用会社 ステートストリート
ベンチマーク S&P500
構成銘柄 80銘柄
コアセクター 不動産、金融
純資産 18億ドル
リバランス 1月、7月
配当時期 3月、6月、9月、12月
経費率 0.07%

 

SPYDの株価の推移

Bloomberg マーケット情報より

 

直近の配当利回りは3.71%(2020年10月)とコロナの影響で大幅減配しましたが、少しずつ株価も戻ってきているので、来年以降には4%代に戻る可能性もあります。

 

また、今回コロナの影響を受けても3.71%の減配で済んだことは、このETFの強さを示す指標になるかと思います。

 

 

 

ケインの所有しているSPYD

私も実際にSPYDを所有しており、30万円分購入してます。

 

30万円分だと、年間12,000円の配当金が得られています

 

月換算で言えば、1,000円程度ですが、生活が徐々に楽になるのが実感できます。

 

 

 

SPYDのメリット

SPYDの3つのメリットを下記に記載します。

 

 

SPYDのメリット

  • 配当利回りが高い
  • 投資コストが安い
  • 分散が効いている

 

 

配当利回りが高い

設定日は2015年の10月からとなっており、歴史が浅いですが、SPYDは高配当ETFの中でも配当利回りが高く、同じく人気ETFのVYM,HDVと比較しても高い傾向にあります。

 

現在は、コロナの影響で3.71%になっていますが、その前は5%台を推移していたので、また戻る可能性もありますし、配当金に着目するのであれば、SPYDはオススメです。

 

投資コストが安い

上記の概要にも記載いたしましたが、経費率が0.07%と格安になっています。

 

仮に100万円運用しても700円しかかからない計算なので、長期投資に向いているETFと言えそうです。

 

分散が効いている

S&P500の銘柄の中から、配当利回り上位80銘柄を選定しており、セクターとしては、不動産、金融がメインのETFとなっています。

 

年2回のリバランスがあり、80銘柄に対して均等(1.25%ずつ)に割り振っているのが特徴です。

 

 

 

まずは小額から投資して不労所得を得よう

今回は、高配当ETFであるSPYDのメリットについて記事を書きましたが、まだまだSPYDには可能性があります。

 

一時期、コロナの影響で株価が暴落して、配当も大減配し、SPYDはオワコンだと言う話もありましたが、現在は株価も盛り返しており、配当率も4%近くは維持しているので、私は買い続ける予定です。

 

最初は小額からでもいいので、皆さんもSPYDを購入して配当を得ましょう!

【無料】証券口座の開設はこちらから

  • この記事を書いた人

kein-blog

元公務員の30歳で現在は普通の会社員 ▶︎ 今の働き方に疑問を持ち、スキル0からセミリタイアを目指す。 ▶︎ 現在は投資、ブログに注力中。▶︎ 資産5000万or月30万の不労所得が目標。

-高配当株

© 2021 ケインの日常 Powered by AFFINGER5